2017年6月20日火曜日

もう一度言わせてくれ。

頼む。

基礎文法は
基礎文法だけはやって。

それやってから長文やって。

マジで。

頼む。

2017年6月17日土曜日

こっちも読んでね!

夏に苦手を解消!

苦手克服は、
弱点の特定と基礎知識量で決まる!

難関大攻略に欠かせない!
[13科目別]苦手解消!絶対ルール

・・・の英語として,
受験生応援サイト
「大学受験パスナビ」
に記事が載っちゃったZE!


ということで,伸び悩んでいる人も,
これから伸び悩む予定の人も,
伸びたり縮んだりの人も,
これを読んでさらに向こうへ!!!


ここをクリック ←こいつをクリックだZE!


よし寝るZE!
・・・の前に,夕飯食べてないから食べるZE!
そして,よく考えたら,まだ仕事終わってないZE!
もちろんやるZE!


またな!←夜中のテンション。

2017年6月16日金曜日

読んでね!

どうも!
今,冗談が言えないくらい
スケジュールがパンパンです!
(お仕事,お断りさせていただいた方,すみません!
 次こそ必ず!ですので,またお願いいたします!
 お食事,お断りさせていただいた友人,すみません!
 お詫びに,今度おごってください!)

・・・というわけで,さっそくですが,
今月も,あのコーナーが更新されました!!!
4月から始まった新企画


『大岩ヒデキ先生の 「英語4技能」はこうして磨く・鍛える!』
            ↑
         クリックで移動

ちっちゃいミスは気にしてはいけません!
いや,最初は,大きいミスも気にしちゃダメ!
どんなミスも許す,大きな気持ちで読むべし。


ちなみにこのコーナーは
受験生必読の雑誌


『螢雪時代』


の受験生応援サイト


『大学受験パスナビ』 ←クリックで移動


の中で毎月中旬頃に更新されます!


今回も,お暇な方も,お暇じゃない方も,ぜひ!!!


授業や書籍ではなかなか語ることのできない
英語のちょっと役立つ(かもしれない)お話
伝えていきたいと思います!
・・・・・

ぜひご一読くださいませ!

2017年6月10日土曜日

螢雪時代7月号に登場!

ちわっす!

さっそくですが,
5月号に引き続き
こちらに登場っす!


『螢雪時代 7月号』

難関大攻略に欠かせない!
13科目別
苦手解消!絶対ルール

の英語を担当させていただきました!


もうちょっとだけ詳細はこの下をクリック!

「螢雪時代 7月号」 ←クリック


苦手解消の絶対ルールとは何なのか???
ぜひ,読んでみてくださいね!

2017年6月5日月曜日

みんなにお願いがある!

頼む!

文法をやってくれ!

もう、言葉を荒くして言っちゃうぞ!


「文法なんか全くやる必要がない」
とか、キャッチーなセリフで
生徒に嘘つくの、本当にやめてくれ。


確かに、海外旅行で買い物くらいなら、
文法知らなくても大丈夫でしょう。


でも、文法の基本機能を知らないと
英文なんか絶対に正確に読めないんだから。


これは、難しい大学入試の問題の話をしているわけじゃなくて
中学レベルだって、マジで正確に読めないよ。

そんな英語力で何をしようっていうわけ?

断言する。

帰国子女か、
彼らと同等以上に英語を「使って」
身につけた人でもない限りは

文法やらないと、
10000000000000000000%
英語はできるようにならない。


でも、難しい文法はやるなよ!
本当に、本当に基礎事項だけでいい。
それ以上はやらなくていい。


だから頼む!
文法やってくれ!

もう、英語の機能を無視した
「内容的にこれは、こっちが正解じゃないですか」
っていう、日本語訳のみを参考に答えを出すの禁止!


最近、文法の基本機能がわかってれば
絶対に間違いようがない問題ばっかり質問が来る。。。。


言っておくが、質問をした人が悪いんじゃないぞ!
質問をすることももちろん悪くない。


文法なんか全然やんなくていいって
嘘ついてる人が悪いんだからな!


マジで、生徒の人生もてあそんでんじゃねーぞ!!!


※もちろん、海外旅行や
   ちょっとした挨拶が目的なら
   文法はやる必要はないので
   そういう学校の先生に喧嘩を売っているわけではありません。

2017年5月27日土曜日

更新されました!

月末ですがな

・・・ということで,
こちらのコーナーが
更新となっておりますYO!
(今回は,落ち着くあの場所で使えるお話!)


《このコーナー》 ←こちらをクリック


大学受験パスナビの姉妹サイト,


《中学受験 高校受験 パスナビ by 旺文社》←こちらをクリック


のコーナーが更新されました。


大学受験 パスナビ のコーナーは毎月中旬頃に,
中学受験 高校受験 パスナビ のコーナーは毎月下旬頃に,
更新となりますので,今年度もぜひぜひお見逃しなく。

2017年5月26日金曜日

問題です。

自分だけが普通。
周りのやつらはみんな普通じゃない。
マジ,自分だけが普通。

・・・と思っている人ほど,実際は
普通ではない可能性が高いことを証明せよ。





まず聞きたい。「普通」ってなに?

おそらく,社会通念的に「普通」とは
「常識内の行動を取る・基準内である」ということだと思う。

じゃあ,「常識」とか「基準」ってなに?

さあ,これが問題だ。

それらは,「周りのみんながそうなんだもーん」
ということだと思う。

周りのみんながそうであれば,
それが常識や基準であって,それが普通になるのだと思う。


実際,高校のとき,40人クラスの38人くらいが
私も含め,ボンタンという,
昔のヤンキーがはくズボンをはいていた。
別にヤンキーだったわけではない。
周りのみんながはいていたから自分もはいていた。
(ちなみに,普通科5クラス中
 たった1クラスだけあった男子クラスだ。
 他の組は共学クラスなのに,
 たった1クラスだけあった男子クラスだったよ,ボクは。)


そして,ある日,まじめなズボンをはいていた2人が
職員室に呼び出された。

「お前ら2人,なんでそんなズボンはいてるんだ?
 今週中にまともなズボンに変えてこないと
 厳しめの指導をすることになる」

と,先生から叱られたことがあった。

うちのクラスで2人だけが標準のズボンをはいていたのに,
周りのみんなと違った彼らの方が,
「普通じゃない」と判断されたのだ。


さて,この実話を通して言いたかったことは,
「普通」は「正しい」とは限らないってこと。
そして,「普通」は周りの声と共に
いつでも「変わりうる」ってこと。


例えば,銃を持つのは普通じゃない・・・日本では。
でも,海外ではどうだろうか?


常識とか普通って,便利だけど,
実は実態がない言葉なんだよね。


自分だけが普通。
周りのやつらはみんな普通じゃない。
マジ,自分だけが普通。

・・・と思っている人ほど,実際は
普通ではない可能性が高いことを証明できただろうか?


そして,だからこそ実際は,そんなことは
どうでもいいことにも気付いただろうか?

普通だとか,普通じゃないとかどうでもいい。

そんなことは問題にならない。
周りの「普通」に流されず
自分が正しいと信じた道を,
まっすぐに進んで行こう。